米国FDA/The Generic Drug Approval Process

6/23付で米国FDAから「The Generic Drug Approval Process」と題した“CDER Conversation”をウェブに掲載しています。
CDER Conversationとは、当該管轄部署の長(今回は、Ted Sherwood氏, Director, Office of Regulatory Operations, Office of Generic Drugs)による見解書と言えます。
もちろん公式な見解に相当するものです。
この手のものは米国ならではと感じるのは筆者だけでしょうか。

内容については、ジェネリック医薬品の審査プロセスに関するものですが、米国FDAとして意識しているのは「先発品のブランド名との関係」のように思われます。
背景にビジネス的要因があることから、米国ジェネリック医薬品協会としても必死でしょう。

日本の関係会社にあっては下記URLをご参照ください。
http://www.fda.gov/Drugs/NewsEvents/ucm508150.htm

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます