2019年には過去5000年以上のデータが出てくるのじゃ!

12/11付のOutsourcing-Pharma.comがMore data will be generated in 2019 than in the last 5,000 years」と題する記事を掲載しています。
 
過去5000年と比較して2019年に多くのデータが生成される
 
業界の専門家によれば、2019年は、過去5000年間よりも多くのデータをもたらし、臨床試験のデザインを改善し、医薬品開発の期間を短縮するために用いられるであろうとのことです。
データの蓄積容量としてはそうかもしれません。
確かにデザインや期間短縮等には有効だと思いますが、結果としてどれだけの新薬が世に出てくるかは、単に数で勝負が決まるような世界とは思えませんが、読者の皆様はどう思いますか?
 
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.outsourcing-pharma.com/Article/2018/12/11/More-data-will-be-generated-in-2019-than-in-the-last-5-000-years
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます