ECA/製薬用水システムとオゾンに関する考察

9/28付のECA/GMP Newsに「Current Considerations on Pharmaceutical Water Systems and Ozone」と題した記事が掲載されています。
製薬用水システムの殺菌システムにおける殺菌用オゾンの濃度に関する考察の内容です。
ISPE Baseline におけるサンプリングのタイミングも引用して述べています。
 
ちなみに、記事内のCFU values とは「colony-forming units」のことかと思います。
例えば、100 CFU/mLとすれば、採取製薬用水1mLあたり100個の菌コロニー(細菌・真菌の種類やサイズは問わない)が観測される、という意味です。
 
関係者及び興味のある方は下記URLから記事をご参照ください。
http://www.gmp-compliance.org/enews_05512_Current-Considerations-on-Pharmaceutical-Water-Systems-and-Ozone.html
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます