【英規制当局発表、過去5年の重度/中程度GMP要件不備TOP5】ASTROM通信<63号>


株式会社プロス発行のメールマガジン『ASTROM通信』のバックナンバーより記事を抜粋し、一部改編をしたものを掲載いたします。

本稿は【2014.11.28】に発行されたものです。
記事の原著は、こちらでご確認下さい。 ASTROM通信バックナンバー
 



こんにちは
ASTROM通信担当の橋本奈央子です。

日に日に寒さが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしですか?
 

今回は2014年10月15日にイギリスの医薬品・医療製品規制庁MHRA(Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency)が発表した2013年のGMP査察における要件不備のレポートについて取り上げたいと思います。

このレポートは、2013年の査察結果だけでなく、過去5年のGMP査察におけるにおける重度(critical)・中程度(Major)の要件不備のランキングが載っていて、なかなか興味深いです。

MHRAの査察を直接受ける機会はないかもしれませんが、EUの加盟国であるイギリスの規制当局が査察時にどのような点に注目しているのかを確認してみていただければと思います。

出典:http://www.mhra.gov.uk/home/groups/pl-a/documents/websiteresources/con464241.pdf

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます