通訳あるあるネタ【第32回】

今回は、英語のtaboo words(使ってはいけない表現)について、カテゴリー分けと共に紹介します。
どの言語にも使ってはいけない表現があり、英語にもtaboo wordsはあります。Taboo wordsは “bad” words(悪い言葉)、swear words(罵り言葉)、profanity(冒涜的・下品な言葉)を意味し、4つのグループに分かれます。それぞれのグループごとに具体例を挙げながら、severity(禁句度)を検証します。

*ちなみに、Cambridge Dictionary には、以下の但し書きがあります。
Warning(注意): 
It is sometimes difficult for learners of a language to know how strong such expressions are and how to use them in an appropriate way. Learners are advised against using all such expressions.(英語学習者は、タブー言葉の強さ(攻撃性)を理解して適切に使用することが難しいため、そのような表現を使用しないことが推奨される。)

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます