FDA「Request for Quality Metrics(Draft)」【解説・対訳】

近年FDAが提案しておりますクオリティーメトリックスは、現在企業で実施している品質管理の指標を当局が把握することによって、リスクに基づく査察の効率化を図ろうという考え方といって良いと思います。
 
レギュレーション上は、米国外企業は対象外ですが、本文中にもありますようにリスクの評価に基づく判断ということになりますと、結局リスクが高いとFDAが判断した場合、査察頻度が増えることは規制対象の有無に関わらず同様で、米国に輸出している場合、これはあまり意味をなさないといえます。
 
21世紀イニシアチブから始まり、FDA自身の監督方法も進歩しているということは、FDA自身の主張することでありますが、企業側においてもリスクマネジメントに基づく品質システムを確立していることをアピールすることが必要であろうと思います。
 
今回に始まったことではありませんが、ガイドラインの文言に一喜一憂することなく、その背景、考え方を理解することが重要でありますが、その意味で今回全文の翻訳は参考になるものと存じます。
 
また、法的根拠が随所に出てきますが、基本的には企業と協同して信頼関係を築くことにより査察のリソースをカバーしようということにあると思いますので、当局には逆らえないという感覚を捨て、協力を前提として意見を発信することも必要と思います。
 
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます