オーナーのプロジェクトマネジメント【第3回】


 第3回ではプロジェクトマネジャーに関する内容を記載する。個々に記載する内容は、オーナー側のプロジェクトマネジャーだけではなく、受注側のプロジェクトマネジャーにも当てはまるといえる。
 

5. プロジェクトマネジャーの役割と責務
 オーナー側のプロジェクトマネジャー(以降はPMと表現する)の役割を誤解している場合が多い。例えば図5.1のようにオーナー側からコントラクターにプラント全体をランプサムi で発注したとする。全体を一括発注したので、全てコントラクター側のPMが全責任をもってプロジェクトマネジメントをしているので、オーナー側のPMは一切関与しないということがよくある。もちろん、発注契約の範囲内での責任はコントラクターにあるが、発注したとしても、全てのプロジェクトの総マネジメントはオーナー側のPMの重要な責務である。コントラクター側のPMをコントロールするのはオーナー側のPMである。もちろん、オーナー側のPMがコントラクター側のPMと同じことをマネジメントする必要はないし、同じ技術能力を持つ必要性もない。オーナー側のPMは、コントラクター側のPMから、必要な情報を得て、プロジェクト全体をコントロールするので、より上位のマネジメントが必要となる。
 

図5.1

 

hoshino-01-03-01.PNG

 一般的に、オーナー側のPMはコントラクターのPMよりプラント建設という面では技術的には劣るが、恐れることはない。コントラクターのPMからの報告、PMの活動状況、コントラクターなどから判断して

・コントラクターのPMの報告は正しいか、都合の良いことばかりを報告
 していないか

・コントラクターのPMの報告に不明瞭な点はないか 誤魔化しはないか

・コントラクターのPMの報告は理路整然としているか

・コントラクターの設計に問題はないか

・コントラクターの工事は図面や仕様書と異なっていないか

・コミッショニングやクオリフィケーションは、プロトコールと異なった
 ことをしていないか

等の観点から、それぞれの状況を注意深くチェックすることである。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます