希少病薬の臨床コストは半分で済むのじゃぞ!

2019年1/11付のRAPSが「Clinical Costs for Orphan Drugs Lower Than Non-Orphan Drugs, Study Finds」と題する記事を掲載しています。
 
「希少病薬の臨床試験の方が被希少病薬(一般薬)のそれよりもコストがかからない」とする調査結果があるようです。
 
情報源は、“Orpanet Journal of Rare Diseases”による調査報告のようですが、開発関係者及び興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/1/clinical-costs-for-orphan-drugs-lower-than-non-orp
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます