EMA/ピロリジジンアルカロイドについての最終声明

2020年8/14(9/23付追記更新)付GMP Platformトピック「EMAピロリジジンアルカロイドによるハーブ医薬品の汚染に関する推奨事項を含む、ハーブ医薬品の使用に関する公式声明案のパブコメとしてお伝えしたハーブ医薬品におけるピロリジジンアルカロイドに関して、9/7付のECA/GMP Newsが「EMA adopts final Public Statement on Pyrrolizidine Alkaloids」と題する記事を掲載しています。

関係者及び興味のある方はにあっては、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.gmp-compliance.org/gmp-news/ema-adopts-final-public-statement-on-pyrrolizidine-alkaloids

ちなみに、関連情報として、2021年3/3付GMP Platformトピック「EPNew General Chapter 2.8.26.Contaminant Pyrrolizidine Alkaloids)を採択」をお伝えしています。

また、USPについては、2020年10/21付トピック「USPNew Chapter<567>Analysis of Contaminant Pyrrolizidine Alkaloids (PAs)」としてお伝えしています。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます