WHO/非蒸留法による注射用水の製造に関するドラフトガイドラインを発出

2/12付のECA/GMP Newsが「New WHO Guideline on "Cold Production of WFI"」と題する記事を掲載しています。
 
最近、WHOから「PRODUCTION OF WATER FOR INJECTION BY MEANS OTHER THAN DISTILLATION」と題する、非蒸留法による注射用水の製造に関するドラフトガイドラインを発出したことによるものです。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLsのドラフトガイドライン並びにニュース記事をご参照ください。
 
lドラフトガイドライン「PRODUCTION OF WATER FOR INJECTION BY MEANS OTHER THAN DISTILLATION
https://www.who.int/medicines/areas/quality_safety/quality_assurance/qas19_786_water_for_injection.pdf
 
l2/12付ECA/GMP News「New WHO Guideline on "Cold Production of WFI"
https://www.gmp-compliance.org/gmp-news/new-who-guideline-on-cold-production-of-wfi
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます