ヘルスケア製品(医療機器,医薬品等)の滅菌バリデーション並びに滅菌装置の国際規格についての最新動向【第2回】

はじめに
本シリーズの第一回でその概要を示したが,ヘルスケア製品のエチレンオキサイド(EO),放射線,湿熱(高圧蒸気)等の滅菌バリデーションISO規格(ソフト規格)は2005年以降改定されてきた。表1.及び図1.に示す様に,日本においてもこれらのソフト規格はJIS規格となり医療機器の滅菌バリデーション基準1)においてこれに基づくこととされ,これらのソフト規格は世界的に整合された形となった。更に今回の改定では各滅菌法間の整合性もとられたことが特徴としてあげられる。今回は,第二世代ISO規格に示される滅菌バリデーションの概念と「製品ファミリー」及び「プロセスの同等性」の考え方と合わせて紹介する。
 
表1.滅菌バリデーションISO規格のJIS規格化
 
 
図1.(仮称)改正滅菌バリデーション基準 
(平成24年4月1日以降)

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます