健康と病気における栄養とは?

7/2付のRAPSが「Personalized Nutrition for Better Health: Targeting the Human Microbiome」と題し、また7/3付のRAPSが「Nutrition in Health and Disease Management」と題する抄録を掲載しています。
 
前者は「ヒトマイクロバイオームを標的とする、より良い健康のための個別化された栄養」、後者は「健康と病気の管理における栄養」といったものですが、現実にはこういうことが最も大事なんじゃないかと思います。
 
ちなみに、ヒトマイクロバイオームとは、ヒトの細菌叢(微生物叢)のことです。平たく言えば、腸内細菌叢=腸内フローラのことです。
 
筆者の管轄外ではありますが、興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
 
l7/2付RAPS「Personalized Nutrition for Better Health: Targeting the Human Microbiome
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/6/personalized-nutrition-for-better-health-targetin
 
l7/3付RAPS「Nutrition in Health and Disease Management
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/7/nutrition-in-health-and-disease-management
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます