米国FDA/動物の遺伝子操作についてもリスクベースアプローチで

10/30付のRAPSが「Genome Editing in Animals: FDA Preps for New Flexible Regulatory Approach」と題する記事を掲載しています。
 
米国FDAとして、動物の遺伝子操作を規制するリスクベースのアプローチを検討していると言うことのようです。
 
動物用医薬品の開発と言うよりは、ヒト用医薬品の開発に遺伝子操作を施した動物を使用すると言う意味合いかと思います。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2018/10/genome-editing-in-animals-fda-preps-for-new-flexi
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます