米国FDA/医療機器の3D Printing製造に関するドラフトガイダンスに関連してのニュース記事

※追記更新(2016.08.16)

5/13付のGMP Platformトピック「米国FDA/医療機器の3D Printing製造に関するドラフトガイダンス」に直接関係するものではありませんが、医療機器製造における3D Printingの活用と今後の動向という観点から興味あるニュース記事を紹介します。

少し古いですが、「3D printing can save drug manufacturers time and money says UK expert」と題する4/26付in-Pharma Technologist.comからのニュース記事です。
本記事末尾には、3D Printing関連記事のリンクも張られています。
興味のある方は下記URLの本ニュース記事をご参照ください。

http://www.in-pharmatechnologist.com/Product-Categories/Delivery-formulations/3D-printing-can-save-drug-manufacturers-time-and-money-says-UK-expert/

【8/16付追記更新】
8/15付RAPSが「3D Medical Device Printing: Industry Seeks More Clarity From FDA」と題して、ドラフトガイダンスに対するパブコメ終了後(8/8に締め切られています)の米国内の状況について記事に取り上げています。
下記URLから閲覧できます。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2016/08/15/25604/3D-Medical-Device-Printing-Industry-Seeks-More-Clarity-From-FDA/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます