WHO/偽造医薬品関係の新たなガイダンス

WHOから新たなガイダンス「WHO guidance on testing of suspect falsified medicines」が発出されています。
偽造医薬品等のチェックのための手順を定めたものです。
 
この中では、3種類の「疑わしい医薬品」を区別しています。
 
・Substandard medicines:規格外医薬品
・Unregistered/Unlicensed medicines:無登録医薬品・無承認(無許可)医薬品
・Falsified medicines:偽造医薬品
 
また、本ガイダンスについても2019年1/22付のECA/GMP Newsが「New WHO Guideline on Testing of Counterfeit Medicines」とた゛位して記事に取り上げています。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLsのガイダンス並びにニュース記事をご参照ください。
 
lガイダンス「WHO guidance on testing of suspect falsified medicines
https://www.who.int/medicines/areas/quality_safety/quality_assurance/TRS1010annex5.pdf?ua=1
 
l2019年1/22付ECA/GMP News「New WHO Guideline on Testing of Counterfeit Medicines
https://www.gmp-compliance.org/gmp-news/new-who-guideline-on-testing-of-counterfeit-medicines
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます