トランプ殿シリーズ第8弾:金咲かじいさん、ここ掘れワンワン

2/9付のFDAnews Drug Daily Bulletinが 「Republicans Suspend Committee Rules to Break Democratic Boycott, Advance Prices Confirmation」と題して、薬価に関わる記事を取り上げています。
 
司法を巻き込んでの共和党と民主党の対決は一般誌やTVでも毎日報道されていますが、政治が経済政策に影響し各種業界団体を巻き込むことは、どこの国でも同じようです。
米国薬業界においても、高騰する薬価と規制排除の関係等、トランプ殿のヘルスケア政策がどう進展するのか先行き不透明ということでの攻防戦とも受け止められます。
トランプ殿、飴と鞭の使い方が極めて上手で、その意味では“希代のビジネスマン”と言えるかと思います。
 
本ニュース記事は見出し記事ですが、下記URLから閲覧可能です
http://www.fdanews.com/articles/180382-republicans-suspend-committee-rules-to-break-democratic-boycott-advance-prices-confirmation
 
なお、トランプ殿シリーズは全てが関連していますので、シリーズ物としてお読み頂くとことをお奨めします。
ちなみに、薬価政策関連としては、「トランプ殿シリーズ第3弾:苦しゅうない、近う寄れ!」とトランプ殿シリーズ第5弾:お代官様、お慈悲を!でお伝えしているニュース記事内にも記されています。
 
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます