米国FDA/インターネットによる違法医薬品販売についてのPress Release

6/9付で米国FDAは「FDA targets unlawful internet sales of illegal prescription medicines during International Operation Pangea IX」と題したPress Releaseを発表しています。

筆者も存じませんでしたが、「Operation Pangea IX」とはインターネットによる違法医療用医薬品販売等に対するアクションのようです。
今般、the Ninth Annual International Internet Week of Action (IIWA)という形での発表のようで、「今週、違法販売者4,402件を摘発した」ようなことを述べています。
INTERPOLとの協業についても触れています。

違法販売だけでなく「counterfeit (偽造薬)」の横行にもつながることが懸念されるため、対岸の火事とすることなく、日本も含めての国際的対応が望まれます。

ちなみに、WHO-GDP「WHO Good Distribution Practice for pharmaceutical products」では、インターネット販売に係る事項として「5.9 The sale of pharmaceutical products via the Internet should be limited to registered and authorized mail-order pharmacies or other authorized entities.」と記しています。

本Press Releaseの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm505921.htm

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます