《更新》EP/ウサギパイロジェンテスト(RPT)を5年以内に排除?

"

※初出掲載(2021.07.02)

※追記更新(2021.07.21)

 

7/1付のRAPSがEuro Roundup内に「European Pharmacopoeia to eliminate rabbit pyrogen test within five years」と題する記事を掲載しています。

欧州薬局方(Ph.Eur.)委員会は、5年以内にウサギパイロジェンテスト(RPT)をin-vitro alternative to RPT(monocyte-activation test:MAT)に置き換えることを試みるとしています。

関係者にあっては、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2021/7/euro-roundup-ema-hails-doubling-of-smes-maa-succes


【7/21付追記更新】
7/20付のECA/GMP Newsが「The End for the Rabbit Test - only Alternative Methods in 5 Years」と題して関連記事を掲載しています。
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.gmp-compliance.org/gmp-news/the-end-for-the-rabbit-test-only-alternative-methods-in-5-years

"

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます