米国FDA/ドラフトガイダンスに関しての米国上院議会のご意見

5/13付FDAnews Drug Daily Bulletinに「Letter Addresses FDA ‘Timeliness’ in Draft Guidances」と題した興味ある記事が掲載されています。
米国上院議会の委員会が「米国FDAのドラフトガイダンスの在り方」に対して問題視しているという内容ですが、要は「長いことドラフトのままで、いつになったら最終化し正式発令するのか? タイムリーな最終化・改廃をしないと科学的進歩に必ずしもマッチしなくなり支障が生じる」という論点のようです。

本件ついては整理してもらえると、本邦企業にとっても査察等を受ける際に「ドラフトということでの選択の余地があるのか、ないのか?」が明確になって助かるように思います。

見出し記事ですが、下記URLから無料で閲覧できます。
http://www.fdanews.com/articles/176620-letter-addresses-fda-timeliness-in-draft-guidances?utm_source=hs_email&utm_medium=email&utm_content=29546286&_hsenc=p2ANqtz-__SscR12VUsfmbcGkPHHu7S4ZXA794x2rxPBxTQF789RyjUliMI7nFSucwc95bPDgxidS8UeYBLbFl-BQFQkdVBhbxuw&_hsmi=29546286
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます