【重要】欧州薬局方ドラフト総則 5.24.化学イメージング

■原文
http://www.gmp-compliance.org/enews_05284_Ph.-Eur.-Draft-General-Chapter-5.24.-Chemical-Imaging.html

■解説
各種剤型に対する赤外、近赤外あるいはラマン分光といった、主として表面分析に関する事項についての改訂である。GDPと同様、流通経路の偽造、不良医薬品の識別を主な目的としており、欧州に輸出を意図する場合、考慮の必要があると考えられる。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます