米国FDA/革新技術によるQuality/CMCドラフトガイダンス

12/15付で米国FDAから「Advancement of Emerging Technology Applications to Modernize the Pharmaceutical Manufacturing Base」と題する企業向けドラフトガイダンスが発出されています。

医薬品の開発・製造・管理に際して先端技術・革新技術を用いる際の申請における品質/CMCパートに関するドラフトガイダンスのようです。
必ずしも具体性が示されたガイダンスではありませんが、米国FDAとして前向き・積極的に先端技術・革新技術を取り込んでいきたいという姿勢が見受けられます。

CDER審査対象のIND, NDA, ANDA, BLAが対象のようですが、狭義の製造だけでなく包装・表示や試験検査も含む品質全般とされています。

新規技術を駆使或いは/検討している会社にあってはご一読ください。
下記URLからダウンロード可能です。
http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM478821.pdf
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます