【公開】日本製剤学会第34年会:ラウンドテーブル2での古田土講演資料

5/16から5/18までの3日間、富山において日本製剤学会第34年会が開催されています。
 
初日目の本日(5/16)に「QbDに基づいた医薬品開発・製造・ライフサイクルマネジメントにどう対応するか」と題して、ラウンドテーブル2セッションが開催されました。
 
内容は、以下の3題の講演が各20分あり、続いて総合討論60分として開催されました。
 
①    PMDA・松田 嘉弘「QbDアプローチへの規制当局の期待
②    アステラス製薬・則岡 正「医薬品ライフサイクルマネジメントを踏まえた実践的な取り組
③    筆者「小さすぎて出来ない! Do the small and medium-sized enterprises need to follow the ICH guidelines?
 
筆者の資料だけ見ても全体の内容は分からないかと思いますが、筆者の資料については参考として公開します。
興味のある方は、ログインしてpdfファイル資料をダウンロードして下さい。

なお、当該資料は当日の要旨集もないため、参加者にとっても助かるかと思います。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます