米国FDA/MMRワクチン(新三種混合ワクチン)の安全性と有効性についての確証を継続

※追記更新(2019.04.30)

4/22付で米国FDAから「Statement from Peter Marks, M.D., Ph.D., director of FDA’s Center for Biologics Evaluation and Research, on FDA’s continued confidence in the safety and effectiveness of the measles, mumps, and rubella (MMR) vaccine」と題するステートメントが発出されています。
 
MMRワクチンの安全性と有効性についての確証を継続するというものです。
 
MMRワクチンとは、麻疹(measles)・流行性耳下腺炎(おたふく風邪、mumps)・風疹(rubella)の三種の弱毒化ウイルスが混合された3 価生ワクチンで、新三種混合ワクチンと呼ばれるものです。
本邦では、その安全性に疑問が呈され、現時点では承認されていません。
ただ、今般の米国FDAの声明も踏まえて、今後見直される可能性もあるように思えます。
 
また本件について、4/22付のRAPSが「FDA Reassures Public that MMR Vaccine is Safe and Effective」と題して記事に取り上げています。
 
GMP Platform読者の中で関係者は少ないと思いますが、お子様を抱える読者には影響があるかと思います。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLsのステートメント並びにニュース記事をご参照ください。
 
lステートメント「Statement from Peter Marks, M.D., Ph.D., director of FDA’s Center for Biologics Evaluation and Research, on FDA’s continued confidence in the safety and effectiveness of the measles, mumps, and rubella (MMR) vaccine
https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm636403.htm
 
l4/22付RAPS「FDA Reassures Public that MMR Vaccine is Safe and Effective
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/4/fda-reassures-public-that-mmr-vaccine-is-safe-and


【4/30付追記更新】
4/30付のFDAnews Drug Daily Bulletinが「CBER Director Says Measles Vaccine is Safe, Effective」と題して記事に取り上げています。
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.fdanews.com/articles/191090-cber-director-says-measles-vaccine-is-safe-effective
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます