多発性骨髄腫のための製品開発のためのサロゲートエンドポイントとしての最小残存病変:FDAとEMAガイダンスの比較

4/8付のRAPSが「Minimal Residual Disease as a Surrogate Endpoint for Product Development for Multiple Myeloma: Comparing FDA and EMA Guidances」と題する抄録を掲載しています。
 
タイトルを直訳すれば、「多発性骨髄腫のための製品開発のためのサロゲートエンドポイントとしての最小残存病変:FDAとEMAガイダンスの比較」と言ったところでしょうか。
 
関係者及び興味のある方は、下記URLの抄録をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/4/minimal-residual-disease-as-a-surrogate-endpoint-f
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます