WHO/Good chromotography practicesに関するドラフトガイドラインを発出

2019年2月にWHOから「Good chromotography practices (QAS/19.791)と題するパブコメ用ドラフトガイドラインが発出されています。
 
その名の通り、クロマトグラフに関するガイドラインのようです。
 
個人的には、とうとうクロマトグラフのGood Practiceまで来たかといった印象を受けます。
 
QC関係者及び興味のある方は、下記URLのドラフトガイドラインをご参照ください。
https://www.who.int/medicines/areas/quality_safety/quality_assurance/qas19_791_good_chromotography_practices.pdf?ua=1
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます