EMA/原薬GMP査察の国際調和に向けたプログラム更新

12/20付でEMAから「Programme to rationalise international good-manufacturing-practice inspections of active-pharmaceutical-ingredient / active-substance manufacturers: Terms of reference and procedures for participating authorities」と題する更新通知が発出されています。
 
元は、2012年発行のようですが、今回はその改訂版となります。
 
原薬及び原薬製造業者に対する各規制当局のGMP査察の共通用語・手順といった国際調和に関するものです。
 
日本としてPMDAが参加しており、本邦にも関係する内容です。
 
興味のある方は、下記URLの通知をご参照ください。
https://www.ema.europa.eu/documents/other/programme-rationalise-international-good-manufacturing-practice-inspections-active-pharmaceutical/active-substance-manufacturers-terms-reference-procedures-participating-authorities_en.pdf
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます