米国FDA/市販後医療機器サイバーセキュリティの弱点を見つけた!

11/1付のRAPSが「HHS OIG Finds Flaws in FDA’s Postmarket Cybersecurity Procedures」と題する記事を掲載しています。
 
HHSのOIG(Office of Inspector General)が米国FDAの市販後医療機器サイバーセキュリティのポリシーとハンドリングに脆弱性を発見したというものです
 
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2018/11/hhs-oig-finds-flaws-in-fdas-postmarket-cybersecur
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます