GMP Platform PIC/S解説シリーズ:PIC/S GMPガイドPart I(3)

原文はこちらでご確認ください
画面中段「PIC/S GMP Guide」ボタン
PDFファイル『PE 009-9 (Part I) PIC/S GMP GUIDE (PART I: BASIC REQUIREMENTS FOR MEDICINAL PRODUCTS) 2009-09-01』
 
※解説・翻訳のみを参考とするのではなく、必ず原文のご確認をお願い致します。
 
 
【解説】
 医薬品の品質は、製造プロセスに依存し、製造プロセスは、「製法・設備・原料・作業者」を指定することによって、定義することができる。すなわち、適格な製法と原料を用い、適格な設備で、適格な作業者が製造を担当すれば、目的とする品質の医薬品を製造することができる。これら四つの構成要素のうち、もっともその適格性評価が難しいのが作業者である。教育訓練記録とか作業者の経験など、あいまいな評価基準に頼らざるを得ないからである。他の三つの要素の適格性は客観的あるいは科学的に評価あるいは保証することはできるが、作業者の適格性は、評価に客観性が乏しい。人間がミスを犯す生き物であるかぎり、常に一定の能力を発揮することを保証することは不可能である。従って、ヒトが関与する重要な作業は、少なくともダブルチェックにするなど、GMPの基本的要件ある「ヒトが犯すミスに対するリスクを最小限にする」ための工夫が不可欠になる。
 
 医薬品の品質は作業者の質に大きく依存し、そのため人的資源の確保および継続的な教育訓練が経営者のもっとも重要な役割の一つとされている。学校教育の例を見ても明らかなように、教育の成果を数値化することは非常に難しいが、医薬品の品質を向上させるためには、どのようなヒトが必要か、どのように教育訓練して人材を育てるか、それぞれの企業の創意工夫が必要である。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます