シリア難民への医薬品供給の挑戦

たまには、このGMP Platformとしても、“社会派”的なトピックはいかがでしょうか。
 
5/16付のRAPSが「Challenges Providing Pharmaceutical Products to Syrian Refugees」と題する抄録を掲載しています。
直訳すれば「シリア難民への医薬品供給への挑戦」といったところかと思います。
 
本邦では、地震や津波の対策としてのBCPや輸送の整備といった観点ですが、戦争となるとこれら対策とは別の対策を講じる必要になるかと思います。
戦争であれば、送る側と送られる側の両者が共に危機にさらされます。
 
筆者は戦争を体験したことはありませんが、地方に生まれ育ったこともあり、戦後の日本の貧しさがまだうっすらと残る時代を肌で感じ、周囲にも戦後を感じさせるものが多々ありました。
セレブ感のある人生ではありませんでしたが、このまま平和のままでいられる人生を願います。
 
興味のある方は、下記URLをご参照ください。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/05/24/27653/Challenges-Providing-Pharmaceutical-Products-to-Syrian-Refugees/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます