米国FDA/放射性医薬品の調剤に関するドラフトガイダンス

12/28付で米国FDAから放射性医薬品に関連する企業向けカイダンスが数件、発出されています。
本邦で関係する企業がどれだけあるか疑問ですが、参考情報としてお伝えしておきます。

●Website「FDA Issues Draft Guidances on Compounding and Repackaging Radiopharmaceuticals
下記2件のドラフトガイダンスもリンクされています。
http://www.fda.gov/Drugs/DrugSafety/ucm534740.htm

●Draft Guidance「Compounding and Repackaging of Radiopharmaceuticals by State-Licensed Nuclear Pharmacies and Federal Facilities
http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM534811.pdf

●Draft Guidance「Compounding and Repackaging of Radiopharmaceuticals By Outsourcing Facilities
http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM534812.pdf


なお、本件に連動して、上位法律における医薬品調剤の要件に関するガイダンスも同時に発出されています。
●Guidance 「Prescription Requirement Under Section 503A of the Federal Food, Drug, and Cosmetic Act
http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM496286.pdf


ちなみに、米国内でライセンスが必要なのは当然のことですが、放射性医薬品の調剤ってどんなんだろうと思ってしまいます。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます