ICH Q14での分析法開発はQbDの流れなのじゃ!

5/13付のPharmaceutical Onlineが「New ICH Q14 Guidance Applies QbD To Analytical Procedures」と題する抄録を掲載しています。

タイトルを直訳すれば、「新しいICH Q14ガイダンスは、分析手順にQbDを適用する」といったところでしょうか。

率直に言って、このタイトル、QbDについては、製剤⇒原薬と来たので次は分析という流れだったはずなので当たり前なんだけどと言ったら失礼でしようか。

関係者および興味のある方は、下記URLの抄録を参照ください。
https://www.pharmaceuticalonline.com/doc/new-ich-q-guidance-applies-qbd-to-analytical-procedures-0001

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます