チュアブル錠に関する品質特性

 チュアブル錠は、かみ砕いた後に飲み込むことを前提とした錠剤であるが、その目的は水無しで飲めるというところにある。この目的には、口内崩壊錠とチュアブル錠の二種類があるが、チュアブル錠は用量の大きい場合に適している。この前提条件を理解するとFDAドラフトガイダンスの論旨や重点の置き方が理解しやすい。
 
■FDAドラフトガイダンス(2016年6月)
Quality Attribute Considerations for Chewable Tablets
http://www.fda.gov/downloads/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/Guidances/UCM507098.pdf

■要約
 チュアブル錠は、丸のまま飲まれるよりもかみ砕かれた後に嚥下されることを特徴としており、小児や老人を含めた多様な集団に適した特性が求められる。米国薬局方では単に投与を容易にするためのものと、喉に詰まらせることを防ぎ、有効成分の放出を確実にするため必ずかみ砕いてのむべき錠剤との二種類に分けているが、このガイドラインは両方のタイプに適用できる。
 チュアブル錠の品質特性として重要なのは、硬度や崩壊性、溶出性、生物学的利用率など、生物学的同等性に影響する可能性があるすべての要因である。更に錠剤の大きさ、厚さ、摩損度および味にも注意が必要である。これらの特性の一つを選択して管理するのではなく、意図した用途に対する性能を発揮するため、これらの特性を組み合わせて開発することを考えるべきである。各特性評価については以下の通りである。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます