業界雑感 【2019年9月】

 9月21日はアルツハイマーデーとのこと、1994年の同日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催され、会議の初日であるこの日をアルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的として「世界アルツハイマーデー」と定めているとのことである。アルツハイマー=認知症と思っていたが、いわゆる認知症の中にはいくつかの類型があり、中で50~60%最も多いのがアルツハイマー型だという。
 アルツハイマー病といえば、9月に入ってエーザイが開発中のアルツハイマー病の治療薬候補で、米バイオジェンと共同開発していた経口治療薬「エレンベセスタット」の臨床試験を中止すると発表があった。今年3月にも別のアルツハイマー病治療薬候補の「アデュカヌマブ」の治験を中止しており、3剤あった候補品のうち2剤がドロップしたことになる。1997年に世界初の薬として「アリセプト(一般名ドネペジル)」を発売し、ピーク時の10年3月期には世界で約3200億円を売り上げたブロックバスターとして、エーザイの名を世界に広めたのだが、アリセプトの特許切れ以降はこの領域で続く新製品がなく、業績的には長い低迷期が続いている。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます