通訳あるあるネタ【第7回】

今週対応した査察で、こんな質問がありました。「査察官と話をしたいのですが、何を話したらよいでしょうか?話しかけてもよいのでしょうか?」査察官のキャラにもよりますが、多くの査察官は自分のことを「ユーモアのセンスがあり、いいやつだ」と思っています。うぬぼれ屋さんの査察官は、自分のジョークに笑ってくれたり、休み時間に話しかけたりする人に好意を持つ場合が多いです。今までに盛り上がったトピックは、文房具(世界堂でしか売っていないニッチなボールペン)、富士登山、ガンダムのガチャガチャ、サムライジーンズ、メジャーリーグの日本人選手、キルビルの舞台になったレストラン(六本木「権八」)、新宿歌舞伎町のゴジラ、キットカット(抹茶、ストロベリー味)、ロボットレストラン…査察官が興味を持つものは、様々です。彼らがどんな入り口から日本に興味を持つのか、毎回その意外性に驚きます。

上に挙げたジャパントピック以外の鉄板ネタとして、査察官の出身地(州)があります。アメリカ人の国民性に加え、アメリカにはWest(西海岸)、East(東海岸)、Midwest(中西部)、South(南部)など地域による特性があります。私は上記の4地域すべてに住んだ経験があるので、ローカルネタで盛り上がることが多いです。地元の野球・バスケットボール・アメフトのチームや、ローカルフード、訪れたことがある観光地など、相手の反応を見ながら楽しく盛り上がれば、場が和みます。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます