医療機器製造のトレンドPart1.弾力性のあるサプライチェーンに必要な最新ツール

記事投稿:マスターコントロール株式会社

可視化され、迅速でスムーズに相互確認できることは、何十年にもわたってサプライチェーン管理の優先事項でしたが、COVID-19パンデミックの混乱と変動は、その役割の重要性を増幅させました。その結果、サプライチェーンシステムをデジタル化・統合し、すべての関連データとインサイトを接続して、最適な回復力を確保する必要性が浮き彫りになりました。

12部門のデジタル変革戦略のリーダーを対象とした調査では、80%が、応答性の高いオペレーションとサプライチェーンが、他のどの部分よりも、デジタル変革の最大の優先事項であると回答しています*¹。

医療機器メーカーは、サプライチェーンの変動に直面した際に自社を守るため、今後必要となりうる技術対応ソリューションを視野に入れ、サプライチェーンの能力を再評価する必要があります

サプライチェーン能力を見直すための3つの考慮点

「McKinsey & Company が 2021 年に発表した報告書によると、「私たちが取材した組織は、レジリエンスとは単に今日の問題や課題に対処することではないことを認識している」*²。

マスターコントロールが最近発表した医療機器製造のトレンド概要から、医療機器・診断機器メーカーが自社のサプライチェーン能力を再評価する際に留意すべき3つの事項を紹介します。

#1: 既存のテクノロジーを活用する
デジタルトランスフォーメーションの取り組みを模索する際、多くのメーカーは現実的な障壁に直面します。例えば、既存システムは簡単に統合できないし、新しいテクノロジーはテストと検証が必要です。すぐに大規模なデジタル変革プロジェクトを開始するのではなく、既存の技術投資をより有効に活用することが、正しい第一歩となるかもしれません。多くの組織は、現在のサプライチェーンシステムを最大限に活用しておらず、利用可能な機能をすべて活用しているわけではありません。これは、最も貴重でありながら十分に活用されていない資産、すなわち既存のテクノロジーから生み出されるデータを活用できていないことも意味します。未利用のツールを賢く利用することで、メーカーは技術を一新することなく、現在のシステムから最大限の価値を得ることができます。

#2: プラットフォーム重視のソリューションに投資する
多くの医療機器メーカーは、複数のプロセスやデータストリームを調整するために異なるアプリケーションを組み合わせており、重要なデータがシステム間で切り離され、使用できないままになっています。これらのデータとプロセスを接続しようとする企業にとって、統合プラットフォームは、情報のサイロ化を解消し、単一ソース内でのデータ同期を確保し、企業が供給変動に迅速に適応するための最も信頼できるメカニズムになっています。プラットフォームを中心とした医療機器製造ソリューションにより、メーカーは、サプライヤーのデータを含むシステムとデータソースを、共通のプラットフォーム上で最小限の中断でデジタル統合できるため、より迅速かつ俊敏に行動できるようになります。

#3: 新技術への投資で可視性を優先させる
「エンド・ツー・エンドのサプライチェーンの可視性は貴重だが、稀である」と、Sanbor Medicalは最近述べています*³。サプライチェーンの複雑さに対処するために、医療機器メーカーはエンド・ツー・エンドの可視性を高めるための措置を講じる必要があります。サプライヤーデータをより包括的に把握することが重要であり、メーカーが、関連するすべてのサプライヤーデータと活動をデジタルで追跡、保存、アクセス、分析できるようになるまでは、サプライヤーがメーカーに伝わるような問題を抱えているかどうかを知ることは困難でしょう。そのため、医療機器製造ソリューションは、サプライチェーン全体の可視性、トレーサビリティ、透明性を強化するツールを提供する必要があります。

結論
COVID-19の大流行はサプライチェーンに大きな影響を与え、ある資料によると60%の企業がその影響を受けています*⁴。しかし、その影響を受けて生き残りを図るだけではなく、多くの医療機器メーカーは、大流行が収まったものの、サプライチェーンの混乱が続く現代の市場で成功するために、他の事柄と優先順位の天秤にかけていることが現状です。医療機器製造業界のほぼすべての動向に反映されているように、長期的な成功を収めようとする企業は、サプライチェーンの不安定さにうまく適応するための措置をとっています。医療機器企業のデータを管理・強化するためのテクノロジーを導入することは、サプライチェーンをより柔軟で俊敏、弾力性のあるものにするために極めて重要です*⁵。

参照

  1. "Going Digital, Faster," KPMG, January 2021.
  2. The Need for Resiliency,” McKinsey & Company, February 2021.
  3. "MedTech Supply Chains: Lessons Learned from the COVID-19 Pandemic," Sanbor Medical, May 2021.
  4. Manufacturers and Distributors Gear up for Digital Transformation in the New Normal,” SYSPRO, December 2020.
  5. How COVID-19 Is Reshaping Supply Chains," McKinsey & Company, November 2021.

本記事は連載企画の前編です。後編をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

著者のご紹介
David Butcher
ライフサイエンスと工業生産のビジネスとテクノロジーの動向を15年以上にわたって取材してきました。現在はMasterControl社のコンテンツマーケティングスペシャリストで、以前はThomas Publishing社のIndustry Market Trendsのエディター、Technology Marketing Corp.のCustomer Interaction Solutionsのアシスタントエディターを務めていました。ニューヨーク州立大学パーチェス校でジャーナリズムの学士号を取得しています。


本投稿は、英語の文献を元に翻訳または抄訳及び校正を行っており、本ページに掲載されている全ての情報や画像の著作権は、当社(マスターコントロール株式会社)に帰属します(他社提供のクレジット表記入り画像等を除く)。コンテンツの再発行及び再配布は、個人利用の場合を除き、当社より許可を得た場合のみ可能です。また、本ページを含む当社のWebコンテンツを利用することで発生する損害やトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。

 


 

■■■サービスのご案内■■■
以下問合せ先にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
マスターコントロール株式会社
事業部 
E-mail : https://www.mastercontrol.co.jp/contact/
TEL:  050-3823-0455


■■■会社案内■■■

グローバルにビジネスを展開する大企業から、中堅・中小企業まで、プロダクトマネジメントシステム(PLx)を管理するソフトウェアとして、世界中の様々な企業で採用されています。プロダクトマネジメントシステム(PLx)ソフトウェアソリューションの購入は、今後数年間、さらには何十年にもわたって、企業に影響を与える可能性のある大きな投資です。そのため、導入やそれ以上の内容をサポートするPLxプロバイダーの選択は重要で、単にソフトウェアの機能だけでなく、全体的な成功に重点を置くテクノロジーパートナーが必要となります。 
マスターコントロールのソフトウェアは、日本企業を含む世界1,500社以上のお客様にご利用頂いており、米国FDA(米国食品医薬局)の全世界のORA部門にも導入頂いています。 
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます