「モノづくりの君へ」【第2回】

【第2回】
1.幹部・管理者にとって仕事とは「現状改革」と「問題点解決の連続」である
2.こんな管理者はクビ!
3.仕事は「やって頂く」ことを忘れない
4.改革は一人では無理、20%の味方を作れ
 
 
1.幹部・管理者にとって仕事とは「現状改革」と「問題点解決の連続」である
 
 幹部・管理者にとって、仕事とは何であろうか?
 
 それは、「現状改革」と「問題点解決の連続」である。ここで「問題点解決の連続」だけではないことに注意して欲しい。手際よく、てきぱきと問題点解決を進め、実行していく「問題処理技術に長けた」幹部・管理者は沢山いる。しかしこの手の管理者は、いわゆる「一通りできる」管理者なのである。貴君はこれに満足し、問題点処理管理者になっていないだろうか。もちろん次々起こる問題点解決も重要だが、それに伴って問題点の現状を「改革」していく事、幹部である貴君は絶えず問題点を見つけ明らかにし、改善・改革を推進していくことが必要となる。
 
 幹部である貴君には「改革」を、管理者には「改善」を。
 
 実務をてきぱきとこなしていくことは貴君の優秀な部下でも十分できる。貴君にはそれに加えて現状を改革していく気概が必要なのである。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます