米国FDA/医療用グローブの滑り止め粉はダメ!

12/16付で米国FDAから「Medical Gloves」と堕する通知が発出されています。
今般の通知、一言で言えば「医療用グローブの滑り止め粉は人体に危険」というものです。
FDAの言葉を引用すると「Banned Devices: Powdered Surgeon's Gloves, Powdered Patient Examination Gloves, and Absorbable Powder for Lubricating a Surgeon's Glove」とあります。
日本でも状況は同じと考えますので、関係者にあってはご注意ください。
 
なお、筆者の知る限り、本邦の製薬企業におけるクリーンルーム入室更衣時には、グロープ装着後に消毒剤噴霧し、乾燥を兼ねて手もみ洗いをしていたと思います。
メディカルドクターのように直接人体に接触することは無いとは思いますが、粉の製品付着回避ということにもつながるように思います。
いずれにせよ、注意は必要ですね。
 
詳細は、下記URLの通知ウェブサイト及びサイト内のリンク先をご参照ください。
ちなみに、本通知は、本年12/19付で発効します。
 
http://www.fda.gov/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/GeneralHospitalDevicesandSupplies/PersonalProtectiveEquipment/UCM056077
 
また、本通知の発出に関して、12/16付のRAPSが「FDA Bans Powdered Gloves」と題して、記事にとりあげていますので、合せてご参照ください。
下記URLから閲覧可能です。
http://www.raps.org/Regulatory-Focus/News/2016/12/16/26391/FDA-Bans-Powdered-Gloves/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます