英国のEU離脱による影響に関するEMAの声明及び組織変更

7月6日、EMAがホームページで、英国のEU離脱が業務に与える影響に関しての声明を公表した。
声明の原文は下記リンクを参考にしていただきたい。

http://www.ema.europa.eu/ema/index.jsp?curl=pages/news_and_events/news/2016/07/news_detail_002566.jsp&mid=WC0b01ac058004d5c1

声明の日本語訳文は下記の通りである。
 
EMAは2016年6月23日の英国民投票の結果を認めた。多数の国民は英国がEU加盟を継続することに対して反対票を投じた。現在は、英国政府がどのように国民投票の結果に対処するか決定する時期になる。

EMAの手順や仕事の流れは、この国民投票の結果には影響を受けず、今まで通り規則や法規によって決められたタイムラインに従い業務を継続する。

今まで、EUから離脱した加盟国はなく、EMAのポストや活動にどのような影響が出るか予想できないので、あえて予測はしない。

EMAは、加盟国が将来のEMAのホスト国になることに興味を示すことを歓迎する。EMAのポストは決めるのではなく、加盟国の代表の同意により決められる。EMAは、加盟国が、UKの国民投票の結果から生じる複雑な政治と法律環境も考慮した上で、最適なEMA本部の位置や協定について適当な時期に、決定できることを信じている。

欧州の規制ネットワークは、全体として非常に強固且つフレキシブルなシステムなので、業務の品質と効果に影響を与えずに、変化に適応できる。EMAはEU機関と緊密に連絡を取っている。一旦情報が確定すれば、EMAは必ず関係者に知らせる。

当分の間、EMA及びEMAの業務に貢献している890名の人員とすべての欧州専門家は、引き続きEMAの使命-人と動物の健康を保護し、安全・有効・良質の医薬品へのアクセスを保証すること-を果たすことに注力する。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます