オーナーのプロジェクトマネジメント【第12回】

前回に続き、基本設計ステージについて記載していく。
 
参考 以前に記載した記事の目次
 1.  はじめに
 2.  プロジェクトステージの概要
 3.  何をマネジメントするか
 4.  プロジェクト計画に関連する主要な問題点
 5.  プロジェクトマネジャーの役割と責務
 6.  プロジェクトマネジャーの資質
 7.  プロジェクトで使用することば
 8.  外部への依頼範囲
 9-10. FS(Feasibility Study)ステージ
11-13. 基本計画(概念設計)ステージ
 14.  基本設計ステージ【その1】
 15.  基本設計ステージ【その2】

16. 基本設計ステージ【その3】
(6)基本設計における主な成果物
 第10回にも触れたが、このステージの主な成果物としては、以下のようなものが考えられるが、プロジェクトの種類、目的、規模、その他により異なる。また、基本計画ステージとは、内容、レベルは大きく異なる。簡単にいうと、サブコントラクター施工およびベンダー製作の見積り(発注や契約ができる見積り)が可能となる、仕様書が作成されているレベルである。主要な成果物は以下であるが、プロジェクトの規模や種類によって異なる。
 
・確定生産計画(品目、形態、量、原料、時期)
・要員計画(プロジェクト、試運転、運用時、勤務体系含む)
・確定プロセスフロー
- 確定Process Description
- 確定プラントサイズ、プラント能力
- 確定プロセスフローシート
- 物性データ
- 確定物質収支・熱収支
- 確定運転方案(製造レシピとタイムシート)
- 原材料表
- 製品形態、包装仕様
- 洗浄方式
- 廃水、排水、排ガス、廃棄物処理プロセス
・基本設計基準
- 設計条件書(敷地条件、気候条件など)
- 原材料条件
- 材質選定基準
- ユーティリティ条件
- 適用法規、適用標準
- 機器設計基準
- 建築設計基準
- 配管資材等級表
- 空調設備設計基準
- 電気設備設計基準
- 計装設備設計基準
- コンピューターシステム設計基準
- その他設計基準
・総合エンジニアリング基本設計書およびGMP関連
- 機器リスト- P&ID確定版
- MFD(Mechanical Flow Diagram)確定版
- UFD(Utility Flow Diagram)確定版
- AF&ID(空調用Airflow & Instrument Diagram)確定版
- 配置図(工場配置図、建物配置図、機器配置図)
- ユーティリティ消費量
- 各室条件書
- VMP(バリデーション・マスター・プラン)プロジェクト用
- 基本設計のリスクアセスメント
- システムインパクトアセスメント
- ユーザー要求およびユーザー要求仕様書
- サプライヤー・ベンダーリスト
・各基本設計および仕様書
- 機器/装置仕様書
- ユーティリティ設備仕様書
- 付帯設備/物流設備仕様書
- 包装設備仕様書
- 廃水、排水、排ガス、廃棄物処理設備仕様書
- 建築基本設計図
- 建築仕様書
- 建築仕上表
- 配管設備仕様書
- 配管材料等級表
- 空調設備仕様書
- 電気設備仕様書
- 電気系統図
- 計装設備仕様書
- 計器リスト
- 自動化設備基本設計書
- 自動化設備構成図
- 自動化設備ソフトウェア基本設計
- 基本I/Oリスト
- その他
・プロジェクト
- プロジェクト実行計画(組織、要員、RACI表、コミュニケーションプラン
 など)
- 実行予算書
- 全体工程表(レベル2または3のガントチャート)
- 設計管理方針
- 調達計画 i (ベンダー、サブコントラクター)、
 契約方針、スコープ決定、発注先選定
- 施工基本計画
- ECM(エンジニアリング・チェンジ・マネジメント)/変更管理 ii の要領
・上記を基に事業化投資最終計画の立案とその第三次評価
 (第二次評価にて最終計画とする場合もある)

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます