医薬品工場建設のノウハウ -プロジェクトの成功に向けて-【第2章-2】

第2章 PJ計画(PJの仕組み作り)
監修:中尾 明夫河須崎 勝美田中 信夫
執筆:末包 聡史

第2章 目次
2.1 プロジェクトの期間
2.2 プロジェクト遂行基本方針
2.3 プロジェクト遂行組織
2.4 マスター・スケジュール
2.5 動員計画
2.6 プロジェクトの運営方法
2.7 キックオフミーティング

※今回は、2章の後半として、2.5から2.7までを掲載する
 


 

2.5 動員計画
 

次に動員計画について説明する。
マスター・スケジュールとプロジェクトメンバーの役務分担が決まれば、そのメンバーがいつからいつまで必要なのか、社内の関連部門と調整することになる。その時に役に立つものが、マスター・スケジュール、役務分担表、動員計画の三点セットである。
図6は、マスター・スケジュールを基に作成した一般的な動員計画表である。表中の数字は、その月において専任であれば1FTE(Full-Time Equivalent)、半分の仕事量であれば0.5FTEと表現した。0.5FTEで配員されたメンバーは、残りの0.5FTEは、機能別組織下の仕事を行うことになる。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます