米国FDA/医療機器UDI、執行猶予するから品質向上させてね!

2019年1/4付のRAPSが「FDA Looks to Improve UDI Data Quality With Relaxed Limits on Labelers’ Corrections」と題する記事を掲載しています。
 
医療機器の識別番号であるUnique Device Identification (UDI)を執行猶予して品質向上を目指すような方向で動いているようです。
 
医療機器関係者及び興味のある方は、下記URLsのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/1/fda-looks-to-improve-udi-data-quality-with-relaxed
 
なお、関連の情報としては、2018年11/3付のGMP Platformトピック「米国FDA/医療機器UDIある種のものは2年間の執行猶予じゃ!としてお伝えしています。
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます