遠隔医療に向けた中国の意気込み

GMP Platform読者にどれだけ関係する内容か計りかねますが、5/29付のMED DEVICE ONLINEが「China Poised To Overtake U.S. And Japan As Top Telemedicine Market」と題して、遠隔医療に関するニュース記事を掲載しています。
 
中国は国土が広大な国ということもあり、医薬品販売については日本の“配置販売業”が中国の一部地方では有益に活用されていると聞いたことがあります。
その意味でも、遠隔医療の進展はかなり意味のあるものと思えます。
 
本邦でも、第一類OTCをアマゾンが24時間薬剤師体制で通販するという話が出ています。
 
興味のある方は、下記URLのウェブサイトをご参照ください。
https://www.meddeviceonline.com/doc/china-poised-to-overtake-u-s-and-japan-as-top-telemedicine-market-0001
 
ちなみに、筆者は存じておりませんでしたが、本邦でも「NPO法人 日本遠隔医療協:Japan Telemedicine Society」(下記URL)なる団体もあるのですね。
http://j-telemed-s.jp/01_02_telemed.php
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます