米国FDA/海外駐在オフィスの貢献度は?

1/18付のRAPSが「Do FDA’s Foreign Offices Help Keep US Drugs Safe? GAO Says Answer is Unknown」及び1/18付in-Pharma Technologist.comが「GAO wants US FDA to show benefits of overseas inspections」と題して、米国FDAによる海外駐在オフィスに関する内容の記事を紹介しています。
 
米国Government Accountability Office (GAO) が、FDA海外駐在オフィスの業務評価について報告しているというものです。
結論を簡単に言えば、以下のようです。
・良い点:医薬品・医療機器・食品の海外製造所査察が増加した。
・悪い点:米国民への安全性に対して意味のある寄与ができるか否か明確でない(要は、海外駐在オフィス活動としてはまだ不十分ということかと思います
 
詳細については、下記URLsのニュース記事をご閲覧ください。

●1/18付のRAPSが「Do FDA’s Foreign Offices Help Keep US Drugs Safe? GAO Says Answer is Unknown」
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/01/18/26638/Do-FDA%E2%80%99s-Foreign-Offices-Help-Keep-US-Drugs-Safe-GAO-Says-Answer-is-Unknown/

●1/18付in-Pharma Technologist.comが「GAO wants US FDA to show benefits of overseas inspections」
http://www.in-pharmatechnologist.com/Regulatory-Safety/GAO-wants-US-FDA-to-show-benefits-of-overseas-inspections
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます