厚生労働省/薬剤耐性(AMR)対策について

10/11付で厚生労働省から「薬剤耐性(AMR)対策について」と題するPress Releaseが発出されています。
 
本行動対策は、2015 年5月の世界保健総会での薬剤耐性(AMR:Antimicrobial resistance)に関するグローバル・アクション・プランの採択に基づき、加盟各国が2年以内に薬剤耐性に関する国家行動計画を策定することによるものです。
 
厚生労働省においては、「 薬剤耐性に関する検討調整会議 」を設置、関係省庁とも議論及び調整を行い、2016年4月5日に、我が国として初めてのアクションプランが決定されています。
今後、「適切な薬剤」を 「必要な場合に限り」、 「適切な量と期間」使用することを徹底するための国民運動を展開するなど、 本アクションプランに基づき関係省庁と連携し、 効果的な対策を推進していくとのことです。
 
詳細については、下記URLのPress Release及びウェブサイト内のリンクファイル等をご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120172.html
 
ちなみに、薬剤耐性関連のGMP Platformトピックスとしては、以下のようなものをお伝えしていますので、興味のある方は、合せてご参照ください。
・9/22付トピック「WHOUNによる耐性菌の撲滅宣言
・9/7付(9/8付、9/9付更新)トピック「PMDA抗菌薬開発促進に向けたEMA-FDA-PMDA対面会合の議事サマリー
 
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます