通訳あるあるネタ【第35回】

アメリカ料理とは?

今回は、意外と知られていないアメリカ料理について紹介します。

1)    東海岸
「ニューイングランド」(ボストンのあるマサチューセッツ州の他、メイン、ニューハンプシャー、バーモント、ロードアイランド、コネチカットのアメリカ北東部の6州を統合した呼び方)に長く住みましたので、この地方のお料理を一番食べました。中でも大好物は、ニューイングランド・クラムチャウダーです。Au bon pain(ハーバードスクエア等にあるベーカリーカフェ)やLegal Sea Foods(シーフードレストランの老舗)が有名ですが、クリームベースの濃厚な味わいで、(あさりでもはまぐりでもない)二枚貝がたくさん入っています。カップに添えてあるオイスタークラッカーを砕いて入れます。Legal Sea Foodsはボストンのローガン空港にもありますので、出発前にぜひ召し上がってください。時価ですが、ロブスターが溢れんばかりにのったLobster Rollもおすすめです。クラムストリップ(貝のひものフライ)はワインやビールのおつまみに最高です。

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます