医薬品包装に関わる最新動向(ACHEMA2012より)

はじめに
 
 2012年6月18日から22日までドイツ フランクフルトでACHEMA2012が開催された。
 ACHEMA「International Exhibition Congress on Chemical Engineering, Environmental Protection and Biotechnology (化学エンジニアリング・環境保護・バイオテクノロジー会議併催国際見本市)」は3年ごとに開催されるヨーロッパ最大の見本市である。
 もう一つヨーロッパ最大の見本市としてINTER PACKがある、INTER PACK「(国際包装機械・資材・製菓機材展)」はすべての包装におけるバリューチェインを扱い、包材加工とパッケージングの世界的に先導的な見本市である。
 INTER PACKも3年ごとに開催され、次回はINTER PACK2014として2014年5月8日から14日迄、ドイツ デュッセルドルフにて開催される。
 両展示会を医薬分野に限って見るとACHEMAは化学・装置全般の展示会で、INTER PACKはパッケージング主体の展示会である。
 今回のACHEMA2012はホール3が医薬関連であったが、例年と違った動向にあった。
 (ホールの詳細は、図-1「ACHEMA2012 Exhibition Halls」を参照)
 本来、INTER PACKが主体とするパッケージングに各社が集中していた。これは世界的に導入が進むGS-1コードを前面に押し出しコマーシャルをしていたからである。
 日本も2012年7月10日に「医療用医薬品新コード表示ガイドライン」が発出された。
 今回はこのGS-1コードに着目し、世界的な動向を示唆して見る。



図-1 ACHEMA2012 Exhibition Halls

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます