EMAからの科学的ガイドライン2件

1. Draft Guideline on manufacture of the finished dosage form

 

7/9付でEMAから標記ドラフトガイドラインのパブコメ開始が通知されました。

 

最終製剤についてのガイドラインで、CTD Module3についてICH Q8に沿っての申請と同時に、EU-GMPを遵守した上でのプロセスバリデーション、特に今般改訂されたEU-GMP Annex15(Qualification and Validation)に沿ってのプロセスバリデーションを求める内容となっています。

 

このようなCTDとGMPとの連動、そして通知等の発出については複数国の集団から成るEMAは極めて上手に感じます。

 

なお、パブコメは2016年1月9日締切となっています。

 

詳細は下記URLのパブコメ通知ならびにドラフトガイドラインをご参照ください。

http://www.ema.europa.eu/ema/doc_index.jsp?curl=pages/includes/document/document_detail.jsp?webContentId=WC500189407&murl=menus/document_library/document_library.jsp&mid=0b01ac058009a3dc

 

http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/Scientific_guideline/2015/07/WC500189407.pdf

 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます