米国FDA/2018年度の新薬のほぼ半分が1つの臨床試験に依存

5/14付のRAPSが「Almost Half of All New Drug Approvals in 2018 Relied on One Clinical Trial」と題する記事を掲載しています。
 
米国FDAとしては、ごくまれな状況を除いて、新薬の有効性を確立するためには少なくとも2つの適切でよく管理された臨床試験が必要でと謳っていますが、2018年度の新薬のほぼ半分が1つの臨床試験に依存していたという内容です。
 
臨床開発関係者及び興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/5/almost-half-of-all-new-drug-approvals-in-2018-reli
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます