7つの規制当局が審査のために1社のソフトウェアを用いる理由

4/5付のRAPSが「Q&A: Why Seven Regulators Use One Company’s Software for Drug and Biologics Reviews」と題する記事を掲載しています。
 
規制当局が審査のためのソフトウェアとしてCertara’s Phoenix platformを用いているというものです。
本邦のPMDAも採用しているようです。
他には、英国MHRA・ブラジルANVISA・米国FDA・EMA・中国NMPA・オーストラリアTGAといったところです。
 
興味のある方は、下記URLのニュース記事をご参照ください。
https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2019/4/qa-why-seven-regulators-use-one-companys-softwa
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます