米国/GAOによる薬局調剤の現状調査結果報告

3/31付のRAPSが「GAO Survey of State Regulation of Drug Compounding Offers Mixed Results」と題して、米国連邦全体(50 州・Washington, DC・ガム・プエルトリコ・米国バージン諸島)としての薬局調剤の現状調査結果報告を記事に取り上げています。
 
GMP Platform読者にはほとんど関係ないと推察しますが、GAO(U.S. Government Accountability Office:米国連邦政府監査院)による米国の薬局調剤の現状把握としてかなり整理されており、後日に確認しようとする際には便利かと思います。
 
興味のある方は、下記URLのニュース記事並びに記事内のリンク先(たくさんあります)をご参照ください。
http://raps.org/Regulatory-Focus/News/2017/03/31/27242/GAO-Survey-of-State-Regulation-of-Drug-Compounding-Offers-Mixed-Results/
 

執筆者について

経歴 ※このプロフィールは掲載記事執筆時点での内容となります

連載記事

コメント

コメント

投稿者名必須

投稿者名を入力してください

コメント必須

コメントを入力してください

キーワード検索

セミナー

eラーニング

書籍

CM Plusサービス一覧

※CM Plusホームページにリンクされます

関連サイト

※関連サイトにリンクされます